米NSA、2年前に日本に盗聴協力を要請

米NSA、2年前に日本に盗聴協力を要請

2013年10月28日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国の情報機関である国家安全保障局(NSA)の各国首脳に対する通話盗聴の波紋が広がっている中で、日本にもNSAから盗聴関連の協力要請があったと共同通信が27日報道した。

  共同通信は複数の消息筋を引用して「NSAが2011年頃、日本政府側に光ケーブルを通じて行き来する電子メールや電話などの個人情報の盗聴への協力を打診した」として「だが日本は、法的制約と情報要員不足などを理由に要請に応じなかった」と伝えた。共同通信は「NSAのこうした要請は、中国の国際光通信などアジア・太平洋をつなぐ多くの光ケーブルが日本を経由するため」としながら「中国の情報収集が目的だったものとみられる」と付け加えた。日本を経由する光ケーブルに盗聴装置の設置を進めていたということだ。

  NSAは同じ時期、大西洋横断光ケーブルを通じて英国の情報通信本部(GCHQ)が盗聴した情報を提供してもらったと伝えられている。したがって2011年頃からNSAの盗聴作業が世界的に活発化していた可能性が提起されている。共同通信は「NSAが、サイバー空間での活動を拡大している中国の動向や国際テロ情報収集を強化するために、同盟国である日本・英国に同じような協力要請を模索していた可能性がある」と分析した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事