歌手ロティフルスカイが死去、ハン・ヘジンと奇誠庸の式に参列したとき…

歌手ロティフルスカイが死去、ハン・ヘジンと奇誠庸の式に参列したとき…

2013年10月09日12時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手ロティフルスカイ(本名キム・ハヌル)。
  『笑わせるよ』で知られる歌手ロティフルスカイ(本名キム・ハヌル)が死去した。

  ロティフルスカイは脳死状態で集中治療室に入院中だった8日、25歳の若さで息を引きとった。

  8日、所属事務所の関係者は「脳腫瘍だと聞いている。1年余り前に発病してこれ以上活動が不可能だと知らせてきた」と伝えた。ロティフルスカイは7月、女優ハン・ヘジンと奇誠庸(キ・ソンヨン)カップルの結婚式にはれ上がった顔で現れて話題を集めていた。関係者は「当時は闘病中ではれ上がった顔で結婚式に参加した。母親も脳の手術を受けていて闘病中だ。家族歴があるようだ」と明らかにした。

  ロティフルスカイは2001年にハヌルという名前で『笑わせるよ』を歌った。当時14歳の幼い年齢でチャーミングなはつらつとした姿が人気を呼んだ。最近ではロティフルスカイという名前で活動し、セクシーグラビアで話題も集めた。ソウル聖母病院に入院中だった。通夜の席はまだ整えられていない。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事