慰安婦強制動員の証拠示す日本軍戦犯の判決文公開(1)

慰安婦強制動員の証拠示す日本軍戦犯の判決文公開(1)

2013年10月08日08時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東京の国立公文書館が先月公開した「BC級バタビア裁判・第106号事件」の一部。(写真=強制動員真相究明ネットワーク)
  太平洋戦争当時、日本軍がインドネシアの捕虜収容所でオランダ人女性35人を強制連行し慰安婦にしたという内容の資料が公開されたと日本のメディアが7日に報道した。軍の慰安婦動員の強制性を否定する日本の安倍内閣の主張と全面的に矛盾するものだ。

  530ページ余りにわたる資料の題名は「BC級バタビア裁判・第106号事件」だ。東京の国立公文書館が市民団体の強制動員真相究明ネットワークの情報公開請求により先月公開した。

  バタビア裁判は太平洋戦争末期の日本軍によるオランダ人女性強制売春動員を審判するため49年までインドネシアのバタビアで開かれた戦犯裁判だ。日本軍将校5人と民間人4人に対する起訴状と判決文、裁判の後に行われた追加調査結果が今回の公開資料に含まれた。

  これは日本政府が慰安婦動員の強制性を認めた1993年の河野談話作成でも関連資料として活用された。このため大まかな内容の骨子は知られていたが、詳細な記述が公開されたのは今回が初めてだ。

  裁判で12年の有期刑を受けた旧日本軍中将の判決文などには「1944年インドネシア・ジャワ島スマラン州に収容されていたオランダ人女性たちが日本人将校の命令によって4カ所の慰安所に連行され、強制的に売春させた」という趣旨の内容が含まれている。

  具体的記述では「××少佐が慰安所の指揮・設立・施設・管理などを担当した」「婦女は××将校の要請により州の役人が連れ出した」「女たちは遊女屋に入るまでどういう仕事をするのか聞かされていなかった」という証言が判決文に含まれている。また、1966年に行われた別途の追加調査で該当中将は「(慰安婦になるという)承諾書を取る際も若干の人々に多少の強制があった」という内容を述べた。

慰安婦強制動員の証拠示す日本軍戦犯の判決文公開(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事