韓国の原発職員が事務室のPC盗む…警察、技術流出の有無捜査

韓国の原発職員が事務室のPC盗む…警察、技術流出の有無捜査

2013年08月19日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の原子力発電所の職員が、原子力発電所の技術が入ったパソコンを持ち出して摘発され、国家情報院と警察が捜査に入った。

  18日、ハンビット原子力発電所(旧霊光原子力発電所)によれば、この会社の職員ノ某氏(29)が第3発電所にあったパソコンを盗んだ容疑で国家情報院と警察の調査を受けている。ノ氏は2日午前零時半ごろ事務室にあったパソコン1台を家に持ち帰った。このパソコンには原子力発電所の冷却水用海水を吸い上げる技術に関した内容が入っていたことが分かった。ノ氏は国家情報院と警察に「パソコンが新しいものだったので盗んだ」と述べた。しかしノ氏は7日、ハンビット原子力発電所側の申告で捜査が始まるとすぐに本体からハードディスクを離して近くの川に捨てたことが確認された。国家情報院と警察は技術流出の証拠を消すためにハードディスクを捨てた可能性が高いと見ている。

  警察は捜索の末、13日にハードディスクを捜し出して中に入っていた内容を分析中だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事