韓国の疲労回復ドリンク“バッカス”、「国民ドリンクを超えて世界的ドリンクに」

韓国の疲労回復ドリンク“バッカス”、「国民ドリンクを超えて世界的ドリンクに」

2013年08月09日10時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
東亜製薬のバッカス。
  バッカスが50周年を迎えた。昨年まで177億本が売れて「国民ドリンク」の隊列に上った。売れた瓶を横に並べると、地球を53周してもまだ残る規模だ。

  東亜(トンア)製薬は8日、ソウル龍新洞(ヨンシンドン)の本社で東亜ソシオホールディングスの姜信浩(カン・シンホ)会長と姜廷錫(カン・ジョンソク)社長などが参加するなか、バッカスD(ドリンク)の発売50周年記念式を行った。姜会長はこの日「これまでひとつの心でバッカス神話を築いたように、今後もバッカスが国民ドリンクを越えて世界的なドリンクとしてその歴史を継続できるように共に力を合わせよう」と述べた。

  1961年に初めて発売された時は錠剤として販売された。その後、アンプル(小型ガラス容器)形態を経て63年8月8日に現在と同じ飲料の「バッカスD」に変わった。昨年だけでも4億8000万本、1709億ウォン(約148億円)分が売れた。依然として東亜製薬での単一品目としては最大の売上商品だ。

  広告も人気を集めた。93年、平凡な人の人生を描いた「新しい韓国人」シリーズに続いて、98年からは若者層をターゲットとした広告を見せて「古いブランド」というイメージから脱皮した。「(席を譲る)バッカスの広告のせいでこれからは地下鉄の敬老席が空いていても座ることができない」という声が出るほどだった。姜会長は「広報が分かる人がいなかった時期から担当者を育て、50年間広告を続けてきた」とし「消費者が関心を持つ時まで広報をしてきたためバッカスが国民ドリンクになることができた」と述べた。

  東亜製薬は「国民の疲労回復剤」を越えて「世界の人々の疲労回復剤」として新たに打って出るためにグローバル市場の攻略を強化している。米国・中国など28カ国にバッカスを輸出し、特に2010年に開拓したカンボジアには昨年単一国家としては最大である172億ウォン分を輸出した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事