「ソウル市推進の軽電鉄、すべて収益性低い」

「ソウル市推進の軽電鉄、すべて収益性低い」

2013年08月03日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ソウル市が推進する軽電鉄9路線はすべて事業の妥当性が落ちることが分かった。

  ソウル市が2日に公開した報告書「ソウル市10カ年都市鉄道基本計画に対する総合発展方案」によると、収益性指数(費用に対する収入)が1を超える軽電鉄路線は一つもなかった。

  9路線の収益性指数は新林線0.81、東北線0.79、面牧線0.78、西部線0.82、牛耳新設延長線0.72、蘭谷線0.88、木洞線0.86、慰礼新沙線0.84、慰礼線0.94など。

  これに関しソウル市側は「今回の報告書は今後の市の差額補填と付帯事業予想収益などを十分に反映していない」と説明した。

  しかし投資費用に対する利用者の便益を分析した結果では、9路線ともに経済性有無の分岐点である1を超えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事