屈折する銃…ソウル竜山で武器体系紹介会

屈折する銃…ソウル竜山で武器体系紹介会

2013年07月10日16時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「13-3次合同武器体系紹介会」が9日、ソウル竜山(ヨンサン)国防会館で開かれた。
  監視偵察および指揮統制通信分野の武器を生産する9社が参加した「13-3次合同武器体系紹介会」が9日、ソウル竜山(ヨンサン)国防会館で開かれた。

  合同参謀本部戦力企画部長のカン・ビョンジュ所長(右)ら軍関係者がS&Tモティブが開発した屈折型の武器を見ている。屈折する部位に9ミリ拳銃を装着したこの武器は左右に60度まで曲がり、3.7インチLCD画面を見て射撃できる。

  この日の紹介会には、夜間超低度光増幅カメラ、夜間潜望鏡など25種類の装備が展示された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事