<アシアナ機着陸失敗>機長と管制塔の緊迫した交信内容

<アシアナ機着陸失敗>機長と管制塔の緊迫した交信内容

2013年07月07日12時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
緊迫した交信内容を伝えるテレビ画面(YTN画面キャプチャー)
  アシアナ航空機の着陸失敗事故で、事故機が管制塔に救急車両の待機を要請していたことが確認された。

  現地時間6日、事故機の機長と管制塔との交信が公開された。管制塔は「救急車が出動した。緊急着陸準備ができた」と答えた。交信内容から見ると、事故機が着陸に先立ち管制塔に緊急着陸を報告し、救急車両の待機を要請したとみられる。

  別の機の機長は管制塔との交信で「(アシアナ機から)人が見える。すぐに助けが必要だ。生きていて、歩いている」と話した。

  以下は事故機機長と管制塔の交信内容。

  午前11時21分 アシアナ航空214便、サンフランシスコ空港28番滑走路への進入許可を受ける。

  午前11時22分27秒 機長:(聞き取れず)

  午前11時22分30秒 管制塔:「救急車が出動する。緊急着陸の準備はできた」

  午前11時22分37秒 機長:「アシアナ214便…(聞き取れず)」

  午前11時23分10秒 機長:「アシアナ214便…(聞き取れず)」

  午前11時23分25秒 管制塔:「救急車が向かっている。すべて準備できている」

  午前11時26分 飛行機が緊急着陸

  午前11時27分2秒 他機の機長:「(アシアナ機から)人が見える。いますぐに助けが必要だ。生きていて、歩いている」。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事