<W杯サッカー>イランの非マナーに韓国協会「FIFAに報告」

<W杯サッカー>イランの非マナーに韓国協会「FIFAに報告」

2013年06月19日08時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国サッカー代表のチェ・ガンヒ監督とコーチングスタッフ。
  イランが低質の非マナー行動でグラウンドを乱した。

  大韓サッカー協会の関係者は18日、韓国-イランのワールドカップ(W杯)アジア最終予選最終戦が終わった後、「試合の監督官が(イランが挑発する)状況を目撃した。これを記録し、国際サッカー連盟(FIFA)に報告書を出す」と伝えた。

  イランは韓国に1-0で勝ち、本大会に進出したにもかかわらず、最後まで非マナーを貫いた。試合後、カルロス・ケイロス監督とイランのコーチらは韓国ベンチに近づき、チェ・ガンヒ監督と韓国のコーチングスタッフを挑発した。ケイロス監督が韓国ベンチに向かって拳を上げる場面も目撃された。誰が見ても明白な懲戒レベルだ。

  韓国コーチングスタッフの一部はイラン代表スタッフの度が過ぎる行動に怒りが込み上げ、向かっていったが、周囲の人々に引き止められた。チェ監督もあきれた表情でイラン側に近づいて応酬したが、もみ合いまでにはならなかった。

  非マナー行動をしたケイロス監督は試合後の公式記者会見で「公平な結果と考える。偉大なチーム精神で試合をしたチームが勝ち、技術的に優れた試合運びをし、強力な決定力を持ったチームの勝利だった」と自画自賛に余念がなかった。そして突拍子もなく「韓国の本大会進出、おめでとう」という言葉を残した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事