【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(2)

【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(2)

2013年06月14日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  政府次元で海外の韓国料理店を支援する食材供給センターの構築も必要だ。海外の韓国料理店は一様に必要な食材と韓国料理専門シェフの確保に困っている。この問題を解決するためにパリ・ロンドン・ニューヨークなど大きい市場だけでなくスカンジナビア・東ヨーロッパ・中央アジアなど地域別に拠点化して食材を供給する仮称「韓国食品供給センター」を構築して近隣地域から注文できるようにするのがどうだろうか。韓国料理店は韓国の食材の供給を便利に受けられ、通関や税金問題もさまざまな面で容易になるだろう。合わせて資格を備えた韓国料理店には韓国料理シェフを合理的な費用で派遣する制度も考慮するにべきだ。韓国料理店では求人難を解決する活路になり、若いシェフには訓練と海外経験の機会になる。

  最後は政府行事をはじめとする公共行事では最大限韓国料理が加わった食べ物を出そうとする努力が続かなければならない。以前に比べれば多くの試みがなされているのは事実だが、韓国料理を出すことが当然という水準まで認識改善が必要だ。 このすべての努力が一貫性を持って続くためには韓国料理財団の機能と予算を拡充しなければならない。韓国料理財団が一貫性のある政策と事業を続けていけるようにすると同時に韓国料理文化全般を合わせる韓国料理文化財団としてその機能を強化し、これに対し似合った権限と予算を備えなければならないだろう。

  食べ物は文化を伝播する最も効果的ながらも重要な道具だ。韓国料理を外して文化大国に進むことは容易ではない。韓国料理のない韓流は気の抜けたビールと同じではないだろうか。

  

  

【時論】韓国料理グローバル化成功の条件(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事