日本の極右団体“在特会”、保守・右翼ではない人種差別主義者

日本の極右団体“在特会”、保守・右翼ではない人種差別主義者

2013年06月04日09時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
フリーランサーの安田幸一記者(49)。
  毎週、日章旗を持って「朝鮮人を殺せ」というスローガンを叫びながら街頭デモを行う人々。女優キム・テヒが出演する日本のテレビCMをおろさせた彼ら。日本国内の嫌韓デモを主導する極右団体『在日特権を許さない市民の会(在特会)』だ。フリーランサーの安田幸一記者(49)は彼らを密着取材して『ネットと愛国 在特会(ざいとくかい)の「闇」を追いかけて』という本を出した。3日、西江(ソガン)大学社会科学研究所で講演した彼に会った。

  --在特会はどんな人々なのか。

  「学生・会社員・家庭の主婦ら20~40代の平凡な人々だ。いわゆる桜井誠会長(41)もアルバイトで生計を立てていた若者だった」。

  --彼らの主張は何か。

  「雇用不安・福祉後退などの責任を韓国人に転嫁し、自分たちを“被害者”だと感じる。在日韓国人が特権を享受したせいで日本人たちが多くのものなどを奪われたということだ。彼らは“階級闘争をする”と主張している。『在日韓国人は仕事をしなくても1年に600万(約53万円)ウォンずつ受けとっている』という根拠のない陰謀説を展開している」。

  --保守や右翼とは違うのか。

  「彼らは保守でも右翼でもないと考えている。人間を恣意的に分類して差別する単純な人種差別主義者だ。インターネットに依存するという意味でネット右翼と呼ぶだけのことだ」。

  --日本での彼らの影響力は。

  「在特会の行動は支持できないが、主張は受け入れることができると考える人々が少なくない。在特会の会員数は1万3000人に過ぎないが、はるかに多くの人々が似たような考えを持っているかもしれない。在特会は日本社会から出てきた“日本の恥部”だと思う」。

  --在特会が韓国のオンラインコミュニティサイト“イルベ”(注:「日刊ベスト貯蔵所」の略。韓国のネット右翼が集まるサイトとしても知られる)と似ているという意見もある。

  「在特会はインターネット定期集会から始まった。ひょっとしてイルベを“少数のバカ”と考えてはいないか。私たちもそうだった。しかし同僚記者たちは在特会を過小評価したことを反省している。一部の日本人たちの胸の内を照らす鏡だったのだ。簡単には消えないだろう。メディアがイルベに対する批判を続け、低劣な主張は許されないという社会的合意が形成されなければならない」。

  --韓国人にしたい話は。

  「日本人の中にも在特会と真剣に戦っている人々がいるという話を必ずしたい。在特会のデモ隊よりもさらに多くの人々が在特会に対する抗議集会を持つ」。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事