反省しない日本…歴史の証人136歳のワシントンポスト紙が叱責(1)

反省しない日本…歴史の証人136歳のワシントンポスト紙が叱責(1)

2013年05月03日10時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
寄稿が掲載されたワシントンポスト5月1日付14面。
  ワシントンポスト(WP)は1877年生まれだ。今年で136歳となる。このため1910年の韓日強制併合も、1945年の解放も実際に見ている。

  そのワシントンポストが1日付A14面のオピニオン欄に、「第2次世界大戦の日本」という表題で安倍総理の写真を載せ、2人の日本読者を招いた。読者投稿の一人は佐々江賢一郎駐米日本大使だった。もう一人はワシントン近隣バージニア州ウィーン市に住むユキ・ヘニンジャー氏という在米日本人だった。

  WPは先月27日の社説で、「同じ第2次世界大戦の戦犯でありながら、日本はなぜドイツのように正直になれないのか」と批判していた。安倍晋三日本首相が神社参拝を擁護し、「戦争を定義するのは政府がすることでなく歴史家がすること」などの発言で、韓国と中国の批判を買った時だった。

  佐々江大使の寄稿はその社説に対する一種の反論だった。外交的な用語で包装されていたが、結局は日本政府の立場を弁護する内容だった。

  佐々江大使は「日本政府はすでに深く反省し、心から謝罪の意を明らかにした。第2次世界大戦の犠牲者にも心から哀悼した」と明らかにした。続いて「菅義偉官房長官が先週こうした意向を明らかにしたのは、安倍総理の意中を忠実に反映したものだ」と付け加えた。

  佐々江大使の内心はその次に表れた。佐々江大使は「歴史を直視するのは重要だと考えるが、こうした努力は歴史学者や知識人の成果を通じて行われるのが望ましい」と主張した。安倍総理の発言のコピー版だった。

  文末に日本に対する自画自賛もあった。「日本は歴史から学んだ教訓を通じて、第2次世界大戦後は自由や民主主義など基本的価値に充実な社会を建設してきた」 「アジアの平和と繁栄に貢献する一方、韓半島の安定、北朝鮮の非核化などのために最善の努力をしている」などが代表的な例だ。

  WPが社説で韓国や中国の怒りに言及したのに対し、う回的な反論もした。佐々江大使は「責任ある民主国家として日本は韓国など隣国と一緒にアジアの平和と繁栄のために努力する」と強調した。周辺国の批判を買った神社参拝や歴史歪曲などに関しては一行も言及しなかった。

  WPは佐々江大使の寄稿の内容に興奮したはずだが、冷静だった。佐々江大使の寄稿に続き、「日本で生まれ、60年代後半まで学生時代を過ごした女性」と自己紹介した“一般読者”ユキ氏の文を載せた。

反省しない日本…歴史の証人136歳のワシントンポスト紙が叱責(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事