<野球>李大浩・秋信守…日米で小学同窓生が大活躍(1)

<野球>李大浩・秋信守…日米で小学同窓生が大活躍(1)

2013年04月26日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李大浩(31、オリックス)。
  「一緒に野球をしよう」。韓国野球史を変える一言だった。米国と日本の野球も動かした。

  叔父のパク・ジョンテ(44、元ロッテコーチ)の影響を受けた子どもの頃の秋信守(チュ・シンス)は、野球部がある釜山スヨン小学校に転校した。そこで秋信守は「高校生のような同級生」を見た。李大浩(イ・デホ)だった。秋信守はその友人を野球部に誘った。1991年、2人が9歳の時のことだった。

  秋信守(31、シンシナティ)と李大浩(31、オリックス)が2013年、米国と日本のプロ野球で活躍している。秋信守は25日(日本時間)、米オハイオ州シンシナティグレートアメリカンボールパークで行われたシカゴ・カブス戦で4打数2安打をマークした。今季21試合で79打数31安打。メジャー全体で安打数1位だ。出塁率(5割3分4厘)も1位で、打率(3割9分2厘)はクリス・ジョンソン(29、アトランタ)と5厘差の2位。

  李大浩も25日現在、22試合で85打数33安打、打率3割8分8厘をマークし、日本パリーグで打率2位、安打数1位と絶好調だ。昨年、打率2割8分6厘、24本塁打(2位)、91打点(1位)で日本に軟着陸した李大浩は、さらに磨きがかかった正確な打撃でパリーグ最高打者に浮上している。

  ◇パートナー、そしてライバル=秋信守と李大浩はそれぞれ釜山中学、デドン中学に進学し、各自の道を歩んだ。秋信守は釜山高、李大浩は慶南高のエース・4番として活躍し、ライバル関係は強まった。戦力が高い釜山高所属の秋信守は99年、00年の大統領杯全国高校野球大会で2年連続最優秀選手に選ばれ、国内外のスカウトの標的となった。

  李大浩は00年、青龍旗1回戦でドンサン高に完封勝ちし、“全国区選手”に成長した。釜山が縁故地のロッテは01年の新人ドラフトで秋信守を1次、李大浩を2次1位に指名した。2人の野球天才が同じチームに入団するところだった。

  しかし秋信守は137万ドルの条件で米シアトルに入団した。李大浩は契約金2億1000万ウォンでロッテと契約した。違う道を歩んだが、2人は代表チームでまた会った。高校時代だった00年、カナダ・エドモントン世界ユース野球選手権で韓国を優勝に導き、09年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では準優勝の奇跡を起こした。2010年広州アジア競技大会の金メダルも一緒に首にかけた。

  投手として期待された秋信守は米国進出後、打者に専念した。01年のオープン戦でマウンドに立った李大浩も肩を痛めて打者転向を選択した。マイナーでプレーしていた秋信守がクリーブランドに移籍し、メジャーリーガーに定着した06年、李大浩は韓国野球史上2人目のトリプルクラウン(打率・本塁打・打点1位)を達成した。

<野球>李大浩・秋信守…日米で小学同窓生が大活躍(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事