<インタビュー>韓国法務長官「『わが民族同士』従北会員名簿で捜査可能」(1)

<インタビュー>韓国法務長官「『わが民族同士』従北会員名簿で捜査可能」(1)

2013年04月22日11時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
黄教安(ファン・ギョアン)法務長官
  黄教安(ファン・ギョアン)法務長官にインタビューした18日は、検察次長・部長級人事が発表された日だった。黄長官は本人が望めば、期数・序列に関係なく検事を継続できる「生涯検事制」を定着させるのが目標だと語った。

  特に黄長官は代表的な“公安通”らしく、国家安保問題については確固たる所信を明らかにした。黄長官は国際ハッキンググループのアノニマスが流布した北朝鮮の対外宣伝サイト「わが民族同士」の会員名簿に関し、「アノニマスが取得したという資料でなくとも、すでに警察で調査中の資料などがある」とし「こうした別の資料で捜査をすれば、違法に取得した証拠では捜査できないという、いわゆる“毒樹の果実”原則とは関係がない」と述べた。

  この日のインタビューは、政府果川(クァチョン)庁舎法務部長官の接見室で午後2時から1時間半ほど行われた。

  --きょう検察の人事があるが、やや変化を試みたと聞いている。

  「本人が望み、実力があれば、検事を続けられるようにするのが検察の目標となるようにした。途中で同期が総長になったとからといって服を脱いで出て行く慣行は今の時代には合わない。このために給料もすべて単一号俸制に変え、経歴や経験を尊重する雰囲気をつくる。序列中心の検察組織内の文化を改める必要がある。階級、期数の差のために本人が望まないのに出ていかなければならない状況を防ごうということだ。ある庁では後輩が第1部長、先輩が第2、3部長となっている。該当分野の専門性と庁全体の運営の効率性を考慮し、実力を中心に配置しながら徐々に変えていく。現在のように同期が一斉にソウル中央地検部長になって一斉に出ていくという慣行をなくす。今回の人事でも実力があり成果を出した古参高検検事のうち数人を抜てきし、一線の支庁長や部長としても送った」

  --最近、アノニマスというハッカー組織が「わが民族同士」という北朝鮮の対外宣伝サイトをハッキングした。このように違法に獲得された証拠で捜査した場合、「毒樹の果実」理論に基づき、捜査自体が不可能だという意見もある。

  「この懸案の場合、アノニマスが取得したというものでなくとも、いくつか別の資料がある。告発資料があり、また警察ですでに調査中だった部分もある。こうした他の資料で捜査をすれば、“毒樹の果実”原則と関係がない。すでに確保されている資料を基礎に調査している」

  

<インタビュー>韓国法務長官「『わが民族同士』従北会員名簿で捜査可能」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事