ルノー本社、韓国の能力を認める…「SM5の後続車開発はルノーサムスンに」(1)

ルノー本社、韓国の能力を認める…「SM5の後続車開発はルノーサムスンに」(1)

2013年04月19日14時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ルノーサムスン自動車のデザイナーが、京畿道竜仁市のルノーサムスンデザインセンターで縮小型自動車モデルを制作している。フランスのルノーグループ本社は18日、デザインセンターをアジア地域デザイン総括組織「ルノーデザインアジア」に格上げした。[写真=ルノーサムスン自動車]
  外の天気はうっとうしいが、各種照明と採光で室内は豪華な感じさえする。一人ずつ大きな机に座っている若者たちはデジタルボードに何かを描いている。机の上にはガンダム・エヴァンゲリオン・アイアンマンなど海外映画・アニメに登場するロボットの縮小版模型が並んでいる。事務室の隅にある数十種類の自動車模型に視線が向いて、ようやくここが自動車デザイナーの業務空間であることを実感する。

  18日に訪れた京畿道竜仁市のルノーサムスンデザインセンターは、グーグルのような先端IT企業の事務室を連想させた。久しぶりに記者に開放されたデザインセンターは、大きく2つのスタジオで構成されていた。

  第1スタジオには、デザイナーが仕事をするデザイン空間とモデリング空間がつながっている。デザインが出てくればすぐにモデル制作に取り組めるようにするためだ。実際、第1スタジオのモデリング空間には、粘土や合成樹脂で作られた縮小型と実物大のQM3模型が置かれている。

  第2スタジオにはルノーサムスンの主力モデル、ニューSM5プラチナムが2台がある。一時は瀕死状態にあったルノーサムスンに回復の可能性を提示したこのモデルのデザインは、ここが主軸になって開発された。そのおかげで同デザインセンターはこの日、ルノーグループ本社からアジア地域のデザイン作業を総括管理する「ルノーデザインアジア」への格上げというプレゼントを受けた。

ルノー本社、韓国の能力を認める…「SM5の後続車開発はルノーサムスンに」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事