韓国陸軍大型攻撃ヘリコプターにアパッチが決定

韓国陸軍大型攻撃ヘリコプターにアパッチが決定

2013年04月18日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米ボーイング社のアパッチ・ガーディアン(AH-64E)。
  韓国軍の次期大型攻撃ヘリコプターに米ボーイング社のアパッチ・ガーディアン(AH-64E)が選ばれた。

  ペク・ユンヒョン防衛事業庁報道官は17日、「大型攻撃ヘリコプター導入事業(AH-X)で、米ベルのヴァイパー(AH-1Z)とボーイングのアパッチ・ガーディアン、トルコTAIのT-129が競合した」とし「軍の装備所要を最終審議する防衛事業推進委員会(委員長・金寛鎮国防部長官)は機能や運用適合性などで優秀と評価されたアパッチ・ガーディアンに最終決定した」と述べた。導入コストと性能、運用の適合性、契約条件などを検討した結果、他機種に比べて優秀な評価を受けたという説明だ。

  大型攻撃ヘリコプター事業は、1兆8000億ウォン(約1600億円)を投入し、2018年までに大型攻撃ヘリコプター36機を導入する事業。この日選ばれたアパッチ・ガーディアンは現在米軍が運用中のアパッチロングボウ(AH-64D)に比べ1段階アップグレードされたモデルで、AH-64DブロックⅢと呼ばれる機種だ。

  防衛事業庁の関係者は「ガーディアンはロングボウに比べ、エンジン動力伝達系統の性能計量が行われ、航法装備と目標物を探知するレーダーが改善された」とし「米軍も690機のアパッチ・ロングボウをガーディアンに改造または新規購入する事業を進行中」と説明した。

  アパッチ・ガーディアンは空対地誘導弾(ヘルファイア)16基と70ミリロケット76発、30ミリ機関銃1200発を搭載している。ヘルファイアーミサイルは8キロ離れた16個の異なる標的を27秒以内に破壊できる。特にガーディアンに搭載されるロングボウ・レーダーは前方50平方キロ以内にある標的を最大256個まで同時に追跡した後、該当標的が味方か敵軍か、戦車・砲・軍用車両など標的の性格まで分析が可能だ。夜昼・天候に関係なく飛行、射撃できる。このため戦車キラーと呼ばれ、現存の最強の攻撃ヘリコプターと評価されている。また北朝鮮のホバークラフトを利用した挑発に効果的な対応手段となる。

  国防部の関係者は「大型攻撃ヘリコプターが戦力化すれば、現在運用中の攻撃ヘリコプターの老朽化による戦力空白を補強できる」とし「北の機甲戦力と局地挑発に迅速に対応でき、韓国軍の戦闘力がよりいっそう強化される」と述べた。

  防衛事業庁は交渉過程で低騒音ローター(プロペラ)設計技術など25件の技術移転を受けることにした。また、国内で胴体など6種類の部品製作および輸出・軍需支援を受けることにし、国内航空産業の発展にも役立つことになった。韓国国内で生産中の輸送用ヘリコプター「スリオン」の場合、ローターの騒音で開発が遅れたことがある。したがってこの技術を適用する場合、スリオンのアップグレードおよび輸出にもつながる見込みだ。

  防衛事業推進委員会は海兵隊用上陸機動ヘリコプターを韓国航空宇宙産業(KAI)で製作することにし、中高度偵察用無人航空機(MUAV)に政府が投資して開発することに決めた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事