国立舞踊団初の露出…保守的な韓国舞踊では“破格”

国立舞踊団初の露出…保守的な韓国舞踊では“破格”

2013年04月04日14時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国国立舞踊団の『壇』
  韓国国立舞踊団の外部振付師の招待プロジェクトによる『壇』が10日から上演される。現代舞踊家のアン・ソンス氏(51)とデザイナーのチョン・グホ氏(51)のコラボ作品だ。アンさんが振り付けを、チョン氏が舞台・衣装・音楽などを担当した。

  この作品が人目を引いているのは、上半身裸の女性舞踊家が公演するからだ。第2幕の最後の場面で9人の女性舞踊家が上半身をあらわにしたまま3分間のダンスを見せる。半裸と言っても、露出場面は国立舞踊団51年の歴史上で初めてのことだ。保守性が強い韓国舞踊としては“破格”ともいえる。

  作品名『壇』は講壇・演壇・祭壇などで使われる”壇”を意味する。身分や宗教、権力の象徴を帯びる。第3幕9場として構成され、男性舞踊家9人と女性舞踊家27人が出演する。

  舞踊『壇』の写真撮影は用意ではなかった。国立舞踊団は「“上半身を脱ぐ”ことに、必要以上に焦点を合わせる場合、作品本来の意図が歪曲されるかもしれない」と難色を示した。説得を重ねた結果、実際の公演と同一の条件、つまり照明・衣装・舞台装置などを本番同様の状態にしたまま写真を撮ることができた。ほのかな明りの下で舞踊家たちの繊細な動きがカメラレンズに収められた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 韓国国立舞踊団の『壇』
  • 韓国国立舞踊団の『壇』
  • 韓国国立舞踊団の『壇』
  • 韓国国立舞踊団の『壇』
  • 韓国国立舞踊団の『壇』