北朝鮮権力の上層部 咸鏡道出身者が躍進

北朝鮮権力の上層部 咸鏡道出身者が躍進

2013年04月02日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴奉珠(パク・ボンジュ、左)、玄永哲(ヒョン・ヨンチョル、右)
  北朝鮮の改革派経済官僚である朴奉珠(パク・ボンジュ)元労働党軽工業部長(74)が1日、首相に任命された。北朝鮮はこの日、平壌(ピョンヤン)万寿台議事堂で最高人民会議第12期7次会議を開き、このように決めたと、官営朝鮮中央通信が伝えた。朴奉珠は前日開かれた労働党全員会議で、北朝鮮権力の核心である労働党政治局委員に選ばれた。

  朴奉珠は03年9月から07年4月まで首相を務めた。金正日(キム・ジョンイル)総書記が「すべての経済問題は朴奉珠と相談しろ」と話すほど信頼が厚かった。しかし高層マンションや建物のエレベーター正常運行を指示するなどの動きに対し、軍部強硬派が「軍隊に送る電気もないのに反革命的な妄動をしている」と反発し、粛清された。

  順川ビナロン連合企業所の支配人に左遷された朴奉珠は、金正恩(キム・ジョンウン)後継体制が本格化した2010年8月、党軽工業部第1副部長として復権した。昨年4月には金正恩の叔母・金敬姫(キム・ギョンヒ)が引き受けた軽工業部長に任命された。化学工業相(長官級)だった02年9月には経済視察団として韓国を訪問し、同年の7・1経済管理改善措置の推進にも関与した改革派に分類される。

  崔永林(チェ・ヨンリム)前首相は最高人民会議常任委名誉副委員長に押し出された。会議では金正覚(キム・ジョンガク)元人民武力部長と李明秀(リ・ミョンス)元人民保安部長を国防委員から解任し、金格植(キム・ギョクシク)人民武力部長と崔富日(チェ・ブイル)人民保安部長を委員に選出した。

  最高人民会議と党全員会議で咸鏡道出身者の躍進が目立つ。朴奉珠首相は咸鏡北道金策市(旧城津郡)生まれ。金正恩時代に入って浮上し、先月31日の全員会議で政治局候補委員となった玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)総参謀長、金格植人民武力部長、崔富日人民保安部長の軍部3人も咸鏡道が故郷だ。

  脱北1号博士の安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター所長は「解放後にソ連から戻った金日成(キム・イルソン)が呉淇燮(オ・ギソプ)ら咸鏡道出身の国内組と葛藤が生じ、該当地域出身の起用を避けたことがある」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事