同伴成長に縛られる韓国の外食業、日系企業は続々進出(1)

同伴成長に縛られる韓国の外食業、日系企業は続々進出(1)

2013年03月28日09時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の外食市場に日本企業が先を争って進出している。
  日本の本格うどん店としてソウル・弘大(ホンデ)前に1号店を出した丸亀製麺は開店3カ月となる29日に新村(シンチョン)に2号店をオープンする。日本の外食企業のトリドールが昨年12月に直営1号店としてオープンした弘大店が美味しいと口コミがひろがりお客が集まっているためだ。

  トリドール・コリアのノ・ムンシク本部長は、「特に若い顧客の反応が良い。うどんだけでなくラーメンなどで事業を拡大する計画だ」と話した。トリドールは日本でやきそばと醤油ラーメン、ファミリーレストランなどで670店余りを運営している外食企業だ。昨年韓国に進出した日系のカフェ型弁当店ほっともっともやはり上半期中にフランチャイズ事業を始め、3年以内に200店まで店舗を拡張する方針だ。

  韓国の外食市場に日本企業が先を争って進出している。日本の外食業界で1位のスカイラークをはじめ、吉野家グループなどが相次いで韓国市場に参入している。先月同伴成長委員会が外食業を中小企業適合業種に選定し新規出店が制限されたため人員縮小や事業縮小などを進めている韓国企業とは相反した動きだ。韓国の外食業界では「零細商人を保護しようとしたが、TGIやアウトバックステーキなど米国系企業と戦って守った市場を、手も出せずに日本企業にそっくり引き渡すことになった」とのぼやきが出てくる。同伴委員会は先月に大企業系列の外食企業に新規ブランドの立ち上げを禁止し、既存ブランドは複合商圏と駅中心圏、新都市など大型商圏にだけ新規出店できるよう制限した。

  外食業界によると、日本企業の韓国市場進出が本格化したのは2010年ごろからだ。経済危機のため日本の外食市場の成長速度が落ちると、日本食への拒否感が小さい韓国市場に視線を転じ始めたということだ。実際に日本風洋食メニューを前面に出した満天星や低価格の寿司が売りのスシローなどがこの時期に韓国市場に入ってきた。

同伴成長に縛られる韓国の外食業、日系企業は続々進出(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事