【コラム】韓国、免税産業世界1位守るには(1)

【コラム】韓国、免税産業世界1位守るには(1)

2013年03月18日15時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年、外国人観光客1000万人時代が開かれた。1カ月の訪問客が100万人近く、年に100万人ずつ増えている。経済大国であるお隣の日本に先立ち達成した快挙だ。

  韓国の免税市場もここ数年間は確実に世界1位を占めている。これもまた外国人観光客1000万人に劣らず祝うべきことだ。こうしたことが可能になった理由は何よりも数年間、為替レート条件が良かったことが挙げられるだろう。関税当局の徹底した物品管理も大きい役割を果たしたと見える。免税店ですら偽物が幅をきかせているという外国と違い、国際観光客に対しわが国の免税店販売品は“偽造品がない確実な名品”という評判を受けているということだ。また別の理由として、私たちの免税業界の競争力も決して見逃してはいけない。少数の特定供給網が思うままにしている国際免税市場で、私たちの企業等が世界10位内に名前を挙げているのは、これまで激しい競争を勝ち抜く努力をしてきたからだということを十分にうかがわせる。最後の要因は当然、観光客の増加だ。これはK―POPなど韓流の善戦と政府の先制的ビザ緩和政策、規制緩和などが後押ししたものだ。

  だが問題はこれからだ。周知のように最近のウォン高傾向と円安が同時に現れて、価格競争力が悪化している。領土と歴史問題などで日本や中国からの観光客の減少もありうる。また昨年、世界的旋風を巻き起こしたPSY(サイ)の活躍以降、後続の韓流が出てこないならば状況が急激に悪くなる可能性もある。場合によっては今年ただちに外国からの観光客が再び1000万人以下に減るかもしれないのだ。

【コラム】韓国、免税産業世界1位守るには(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事