北朝鮮、ソウルとワシントンを「火の海にする」と威嚇(1)

北朝鮮、ソウルとワシントンを「火の海にする」と威嚇(1)

2013年03月07日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が6日、核打撃でソウルとワシントンを火の海にすると威嚇した。これに対応し韓国軍も挑発してくる北朝鮮の師団または軍団指揮部まで軍事的に懲らしめると明らかにするなど南北間の緊張が高まっている。

  北朝鮮の労働新聞はこの日、「米国と傀儡好戦狂どもは終局的破滅を覚悟せよ」という題名の1面記事で「最高司令官(金正恩)同志が最終署名した作戦計画により全面対決戦に進入した状態。米帝が核兵器を振り回せばわれわれは精密核打撃手段でソウルだけでなくワシントンまで火の海にするだろう」とした。これは北朝鮮軍将官チョン・ヒョンイルの発言だと労働新聞は伝えた。これとともに「まだ世界が知らないわれわれ式の精密核打撃手段で対抗するだろう」と強調した。労働新聞はまた、会員数が500万人に達するという金日成社会主義青年同盟のチョン・ヨンナム委員長が「敵を撃滅掃討し済州島漢拏山(チェジュド・ハンラサン)に元帥の星が輝く最高司令官旗と共和国旗を高くはためかせる」と話したと報道した。5日に対南工作総責任者とされる金英哲(キムヨンチョル)軍偵察総局長が休戦協定破棄と板門店(パンムンジョム)代表部の活動中止を発表したのに続き2日にわたり韓国と米国に対する威嚇レベルを高めている。

  北朝鮮は1994年3月に特使交換のための板門店での接触の際も当時の朴英洙(パク・ヨンス)団長が「戦争が起きればソウルは火の海となる」と主張している。当時北朝鮮は在来式兵器だけで武装した状態だったが今回は核攻撃まで示唆して「ソウル火の海」に言及しており、実際に追加挑発の可能性があるという観測も出ている。

  北朝鮮は威嚇発言だけでなく各地に駐留した兵力と装備を江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)付近に集結させていることが確認された。韓米合同訓練キーリゾルブとフォール・イーグル演習期間に合わせ東海(トンヘ、日本名・日本海)と西海(ソヘ、黄海)には船舶と航空機の航行禁止区域も設定したと韓国軍当局は把握している。

  

北朝鮮、ソウルとワシントンを「火の海にする」と威嚇(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事