対馬から韓国に持ち込まれた国宝級仏像、日本への返還認めず

対馬から韓国に持ち込まれた国宝級仏像、日本への返還認めず

2013年02月27日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)
  文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)は日本の寺刹側が仏像を正当に取得したということを訴訟で確認するまで返還してはならないという裁判所の決定が下された。

  大田(テジョン)地方裁判所は26日、大韓仏教曹渓宗浮石寺(プソクサ)が国を相手に出した

  「有体動産占有移転の禁止仮処分申請」で原告の請求を認めた。対馬の観音寺に保管されていた仏像は先月窃盗犯が韓国に持ち込み摘発され文化財庁が保管中だ。金銅観音菩薩座像は14世紀の高麗時代末期に作られたと推定される。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事