<北核実験>爆発力評価、韓米ロ7キロトンvs独40キロトン

<北核実験>爆発力評価、韓米ロ7キロトンvs独40キロトン

2013年02月15日09時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  12日に北朝鮮が実施した3度目の核実験に対し、韓国政府と外国機関が異なる評価を出している。何よりも人工地震の規模と爆発力に対する評価が食い違っている。

  韓国政府は気象庁と韓国地質資源研究所で測定された人工地震の規模、マグニチュード4.9を根拠に、ダイナマイト(TNT)6-7キロトンの爆発力と推定した。小型化成功基準の10キロトンには達していないというのが国防部の説明だ。

  キム・ミンソク国防部報道官は「北朝鮮は核兵器を製造するほどの小型化には成功しなかった。まだ越えるべきヤマが残っている」と述べ、核実験失敗という見方を示した。ロシアも7キロトン、米国も数キロトンと推定した。

  しかしドイツ政府傘下の連邦地質資源研究所(BGR)は、今回の実験の爆発力が40キロトンに達すると主張した。BGRは「韓国政府が政治的な理由で縮小しているようだ」という見解も示した。

  算出方式や環境条件で変わる可能性はあるが、あまりにも差が大きいため、精密分析が求められる部分だ。

  北朝鮮は正確な数値は公開せず「小型化・多種化に成功した」とし「その威力とレベルについては、われわれの核実験を観測した敵がよく知っているはずだ」と主張した。核兵器を製造するレベルの実験に成功したということだ。

  北朝鮮がどの核物質を使用したかも確認されていない。軍は地上と空中、海上で採取した空気を原子力安全技術院に送って分析しているが、まだ確定的な証拠となるキセノンやクリプトンは発見されていない。一般の空気には存在しないキセノンやクリプトンの量を分析すれば、プルトニウムと高濃縮ウラン(HEU)のどちらを使用したかが分かる。

  しかし空気中の放射能物質は核実験72時間以降は採取が難しくなる。09年の核実験当時のように採取に失敗する場合、3度目の核実験にもかかわらず、情報不足のため正確な対応が難しくなる。

  すでに北朝鮮が核兵器を実戦配備したのではないかという指摘もある。匿名を求めた国策研究機関の研究委員は「北朝鮮は武器を開発して実戦配備した後に武器を公開するという特徴を見せてきた」とし「北朝鮮が最近公開した中距離弾道弾(IRBM)移動式発射台は、核兵器搭載が可能なものと推定される」と分析した。

  北朝鮮で武器開発に関与したある脱北者は「実際にミサイルに核を搭載したかは確認していないが、核ミサイルを実戦配備したという話を聞いたことがある」とし「韓国でKN-08と呼ばれる中距離弾道ミサイルを北朝鮮では核ミサイルと呼んでいた」と話した。

  北朝鮮がすでに核兵器製造技術を確保したとすれば、北核政策の根本的な枠組みが変わる。しかし政府当局者は「まだミサイルに載せるほど小型化に成功しておらず、実戦配備した可能性はない」と一蹴した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事