<サッカー>水原サムスンの鄭大世「日本サッカーは性格が強くなく、韓国は…」(2)

<サッカー>水原サムスンの鄭大世「日本サッカーは性格が強くなく、韓国は…」(2)

2013年02月05日16時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --北朝鮮・日本・ドイツのサッカーを経験した。 韓国と比較してほしい。

  「日本は性格が強くない。 韓国選手のようにボールを保有するために強く走り込まない。 ドイツは実戦と同じように練習する。 練習でゴールを決めても実際の試合で得点したように喜ぶ。 北朝鮮は世界のサッカーを見つめているが、相変わらず練習方法は古かった。 昔のやり方だ。 毎日同じトレーニングで体をほぐし、練習内容も反復が多い。 合宿練習が多く、先輩・後輩の関係が徹底している点では、韓国と北朝鮮が似ている。 しかし北朝鮮は合宿期間が長いためか、選手はもっと家族のような感じだ」

  --人間ブルドーザー、人民ルーニーと呼ばれるが、一つを選ぶなら。

  「両方とも気に入っている。 実際、人間ブルドーザーはファンと私が相談して付けたものだ。 人民ルーニーというのは海外メディアにも知られ、ルーニーまで知っていた。 人民という単語を使った点もセンスがある」

  --チームメートとはどんな話をするのか。

  「女性の話、サッカーの話、テレビの話などをする。 北朝鮮の話をする時もあるが、あまり関心がない。 政治的な話をする理由はないのでは」

  鄭大世について、チームメートの呉章銀(オ・ジャンウン、28)は「おそらく初日に適応はすべて終わったと思う」と語った。 鄭大世は1歳でも年上なら“ヒョン(兄)”と呼ぶ。 水原の選手は誰もが「鄭大世は性格がいいので、以前から同じチームにいるようだ」と話す。 韓国社会で北朝鮮と関係があるからといって関心を向けるのは時代遅れのようになっている。 選手は鄭大世が話す北朝鮮選手に関する話より、鄭大世が好きなヒップホップ音楽に関心が多い。

  「15得点してチームが優勝するのが目標」という鄭大世は「結婚するなら在日としたい」と語った。 記者が見る鄭大世の国籍は“在日”だ。

  ◇鄭大世(チョン・テセ)

  出生:1984年3月2日、名古屋(在日同胞3世)

  体格:181センチ、80キロ。

  国籍:韓国

  血液型:B型

  本籍:慶尚北道義城(祖父チョン・サムチュルさんの故郷)

  学歴:愛知朝鮮第二初級学校-東春朝鮮初中級学校-愛知朝鮮中高級学校-日本朝鮮大学校

  性格:涙もろい。 動物ドキュメンタリーを見ながらも泣くほど。

  あだ名:人民ルーニー、人間ブルドーザー

  好きなもの:ヒップホップ、ファッション、焼き肉、ペット

<サッカー>水原サムスンの鄭大世「日本サッカーは性格が強くなく、韓国は…」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事