<羅老打ち上げ成功>罪人のように過ごした3年5カ月間…成功しても「申し訳ない」(1)

<羅老打ち上げ成功>罪人のように過ごした3年5カ月間…成功しても「申し訳ない」(1)

2013年01月31日11時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
羅老打ち上げ成功までの過程。
  「まず、申し訳ないという言葉から伝えたい」。30日、全羅南道高興の羅老(ナロ)宇宙センターで開かれた「羅老」打ち上げ成功ブリーフィングで、「羅老」打ち上げを総指揮した趙光来(チョ・グァンレ)羅老号発射推進団長(54)が最初に述べた言葉だ。成功の喜びより、国民に対して申し訳ないという気持ちが先立ったのだ。

  09年8月に「羅老」の最初の打ち上げが失敗した後、「羅老」関係者は“罪人”になった。2010年6月の2度目の失敗と昨年の2度の打ち上げ延期は、「羅老」関係者には刑罰のようなものだった。

  最後の打ち上げを控え、彼らにはもう後がなかった。打ち上げ日が決まると、羅老宇宙センターは悲壮感が漂った。また失敗するのではという思いから、ひげも剃らず、下着も着替えず、準備に没頭した研究員も多かったという。

  この日晩、羅老宇宙センターで成功の主役6人が集まった。組推進団長の閔庚宙(ミン・キョンジュ)羅老宇宙センター長(60)、チャン・ヨンスン羅老号発射体構造チーム長(51)、チョン・ウィスン羅老号体系総合チーム長(54)、チョ・インヒョン羅老号体系総合チーム責任研究員(50)、イム・ソクフィ羅老号発射体推進機関チーム専任研究員(41)だ。彼らは記者の質問を受け、これまで胸の内にあった思いを語った。

  趙団長は「韓国ロケット開発の生き証人」だ。韓国航空宇宙研究院の前身である天文宇宙科学研究所時代に初めてロケットと縁を持って以来、韓国型科学ロケット(KSR)シリーズ開発を主導した。しかし「羅老」打ち上げ失敗によるストレスでパニック障害の判定を受けたりもした。しばらく精神安定剤を服用しなければ眠ることができなかったほどだ。

  趙団長は「09年の最初の打ち上げが成功していれば、国民の関心も冷めず、ロケット開発にもう少し弾みがついていただろう」とし「国民の皆さんから機会を与えられて、3度目の打ち上げに挑戦できた」と述べた。

  残念な部分もある。趙団長は「私たちがもう少し頑張っていれば、北朝鮮より先に打ち上げられたのではなかっただろうかと思っている。打ち上げ時期を決める過程で、ロシア側が急がずにしようと主張して延期したのが惜しまれる。ロシア研究陣が長い韓国出張で疲れて、年末と年始は家族と過ごすことを望んだ」と伝えた。

  その間の誤解も釈明した。「この10年間で最も胸が痛んだのは、『ロシアに数千億ウォンを支払いながら技術を一つも得ていない』という言葉を聞く時だった。失敗が続いていたので何も言えなかった。宇宙センター組立棟にはロシアの1段目のロケットがもう一つある。エンジンは除かれたが、今後も活用できる。ロシアからこれを受けるまでには多くの紆余曲折があった」。

<羅老打ち上げ成功>罪人のように過ごした3年5カ月間…成功しても「申し訳ない」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事