<サッカー>釜山・金昌洙が柏レイソル移籍

<サッカー>釜山・金昌洙が柏レイソル移籍

2013年01月30日11時46分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
釜山アイパークのDF金昌洙(キム・チャンス、28)
  釜山アイパークのDF金昌洙(キム・チャンス、28)が日本の柏レイソルに移籍する。

  日本メディアは29日、「柏レイソルが釜山の金昌洙を獲得した」と伝えた。釜山の関係者も「釜山で活躍してきた金昌洙の海外移籍に最終的に同意することにした」と確認した。

  金昌洙は08年に大田シチズンから釜山に移籍して以来、5シーズンで152試合(6得点10アシスト)に出場した。2010年からはチームの主将を務め、右サイドで活躍した。

  金昌洙は2012年ロンドンオリンピック(五輪)にオーバーエイジで出場し、組別予選で活躍した。英国との準々決勝で腕を骨折したが、最後までチームに残り、兵役特例も受けた。

  釜山の関係者は「金昌洙は選手としてピークの年齢。海外舞台で経験を積むことを望んでいるため、選手の意思を受け入れた」と説明した。また「球団は当初、何度も柏側のオファーを断り、金昌洙を残留させる計画だったが、これまでチームに献身した金昌洙にとって海外に進出できる最後のチャンスということで、結局、移籍を認めた」と伝えた。

  金昌洙も柏からのオフォーを聞いた後、悩んだ。金昌洙は「釜山を離れるのは残念だ。しかし海外舞台を経験できる最後のチャンスだと考えた」とし「Kリーグに戻る場合は必ず、自分を育ててくれた釜山に戻りたい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事