揺れる韓国酒…日本文化に抵抗感少ない若者に日本酒が人気

揺れる韓国酒…日本文化に抵抗感少ない若者に日本酒が人気

2012年12月25日12時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本酒
  1876年に誕生したサッポロビールは日本で最も長い歴史を誇るビールブランドだ。昨年7月から韓国に本格的に輸入されている。サッポロビールの国内流通を担当するエムズベバレッジ(株)の関係者は「今年の夏は非常に暑かったため、涼しい地域で作られたサッポロビールの需要が大きく増えた」と語った。

  今年1-11月に韓国に輸入されたビールは前年同期比26.6%増の6800万ドル分。量では23.6%増の6700万リットルだった。ビール輸入市場は日本産が主導した。日本産の輸入比率は21.4%から25.9%に高まり、2位のオランダ産(18.3%)との差を広げた。

  関税庁の関係者は「海外旅行が増え、さまざまなビールの味を望む消費者が増えたうえ、国内のクラブ文化の広がりも輸入ビール市場の拡大に影響を及ぼしたようだ」と分析した。

  一方、ビールの輸出は横ばいだ。今年1-11月、1.8%増の6400万ドルにとどまった。ビール輸入額がビール輸出額を初めて上回った。「ビール貿易収支」が今年初めての赤字を出したのだ。

  最近、英経済週刊誌エコノミストが「韓国ビールは北朝鮮の大同江ビールよりまずい」という挑発的な記事を出したのに続き、輸出入公式統計でも韓国ビールの“物足りなさ”が確認された。

  関税庁が24日に発表した「最近の主要酒類輸出入動向」によると、今年1-11月、ウイスキー・ワイン・ビール・日本酒の4大酒類輸入量は1億1500万リットルで、前年同期比15.3%増えた。特に日本から直輸入された日本酒は410万リットルと70.2%も増え、昨年の過去最高をまた更新した。ただ、日本酒の輸入単価が1リットル当たり5.38ドルから3.44ドルに36.1%も下がったため、全体輸入額(1400万ドル)は8.8%増にとどまった。

  イ・サンホン韓国創業経営研究所所長は「日本文化に対する抵抗感が少ない若い層を中心に、アルコール度数が高くなく、さっぱりした味の日本酒の人気が高まっている」と診断した。

  ワインの輸入量(2600万リットル)と輸入額(1億3100万ドル)はそれぞれ16.4%増、13.5%増となったのに対し、ウイスキーの輸入額(1億8500万ドル)と輸入量(1800万リットル)は11.4%減、14%減となった。

  焼酎・ビール・マッコリの韓国3大酒類品目の輸出額は2億1500万ドルで、0.8%増にとどまった。輸出量は1億8100万リットルで、0.2%減少した。特に、韓国産酒類輸出の期待株だったマッコリの輸出は10年ぶりに減少し、国産酒類産業の競争力不足を表した。

  韓流と健康ブームで2010年に204.2%増、2011年に176.3%増となったマッコリは、輸出額が3500万ドル、輸出量が2700万リットルと、それぞれ28.7%減、29.5%減となった。マッコリの輸出が減少したのは03年(-11.7%)以来10年ぶり。関税庁はこの2年間、マッコリ輸出増加率があまりにも高かったためだと説明した。

  しかしイ・サンホン所長は「韓国旅行中に生マッコリを味わった日本人が増え、日本に主に輸出される殺菌マッコリに失望した消費者が多いようだ」と分析した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事