韓国、ゴールドマンサックス「成長環境指数」世界2位

韓国、ゴールドマンサックス「成長環境指数」世界2位

2012年12月21日14時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米投資銀行ゴールドマンサックスが毎年実施している「成長環境指数(GES)」評価で韓国が2位になった。

  ゴールドマンサックスは20日、経済成長環境を指数で表して比較するGES(Growth Environment Score)評価で、韓国が今年10点満点で7.86点を受け、世界183カ国のうち2位になった、と明らかにした。 1位は8.19点のシンガポール。

  ゴールドマンサックスは97年から、経済生産性を左右する人口や政治・制度的要素を幅広く反映し、毎年GESを算出している。 世界各国の経済の中長期成長潜在力を表す指標として使用するためだ。

  指数の算出に使用される項目は物価上昇率、国内総生産(GDP)比の政府財政赤字比率、対外債務、透磁率、経済開放度、電話・パソコン・インターネット普及率、高等教育、予想寿命、政治的安定度、腐敗水準など。

  韓国の順位はゴールドマンサックスが初めてGESを発表した97年以降ずっと上昇してきた。 97年は6.33で世界16位だったが、昨年は7.57点で5位になった。

  今年の調査では3位が香港(7.83点)、4位が豪州(7.83点)、5位がスウェーデン(7.56点)で、 オランダ、ノルウェー、フィンランド、スイス、ルクセンブルクなどが成長環境指数上位10位に入った。

  このほか台湾が14位、米国23位、日本が31位、中国が66位だった。 欧州危機の中心のイタリアとギリシャはそれぞれ57位、116位。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事