エコノミスト誌「韓国ビールは北朝鮮ビールに劣る」

エコノミスト誌「韓国ビールは北朝鮮ビールに劣る」

2012年11月28日15時15分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮の代表ビール「大同江(テドンガン)ビール」。
  韓国ビールが英経済週刊誌エコノミストから「北朝鮮のビールより味が落ちる」という酷評を受けた。

  28日の韓国国内の報道によると、最近、英国経済週刊誌エコノミストは「立派な料理、冴えないビール」と題したソウル発の記事で、韓国ビールが代表企業の寡占と中小企業の参入を阻む規制で料理ほどの“味の競争力”を発揮できていないと指摘した。

  エコノミストは韓国のビールの味が落ちる理由を「カスとハイトのブランドが市場を両分し、重要な原料の麦芽を惜しんでいるため」と批判した。 また、麦の代わりにコメを使用したり、トウモロコシだけで作るビールもあると明らかにした。さらに、韓国ビールとは違い、北朝鮮の大同江ビールは英国から輸入した装備で製造され、はるかに味が優れている、と伝えた。

  同誌はこうした韓国ビール市場の寡占の背景に、中小企業の参入が難しい規制環境を指摘した。昨年まで生産能力が100万リットル超に限り卸売流通が可能だった規制が12万リットルに緩和されたが、複雑な税制や輸入関税などの障壁のためビール生産に挑戦する企業は相変わらず少ない、と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事