“韓国歌手ゼロ”NHK紅白歌合戦「独島のせいではない」…韓国メディア「説得力なし」

“韓国歌手ゼロ”NHK紅白歌合戦「独島のせいではない」…韓国メディア「説得力なし」

2012年11月27日10時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
少女時代(上)と東方神起。
  今年の「NHK紅白歌合戦」の出場歌手リストにK-POPスターは1チームもなかった。NHKは26日午後、紅白歌合戦の出場歌手リストを最終確定し発表した。知らされた通りリストに韓国歌手は1チームも含まれていなかった。

  27日のサンケイスポーツによると、NHK番組エンターテインメント部の古谷太郎部長独島(ドクト、日本名・竹島)問題が影響を与えたかを尋ねる質問に「それは関係ない」ときっぱり答えた。選考基準となる今年の活躍や世論の支持などで、いずれも「昨年より数値が下がり、出場枠も限られているため」と説明した。

  しかし韓国メディアは27日、昨年に続き今年も東方神起や少女時代、KARA、CNBLUE、SUPERJUNIORなどさまざまなK-POP歌手が日本でオリコンチャート1位を占めており、東方神起、BIGBANG、KARA、2NE1などは大規模ツアーを盛況裏に終えた点などから、NHKの説明は説得力が落ちると評価した。

  昨年の紅白歌合戦は東方神起、少女時代、KARAの3チームが出演した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事