日本の年末3大歌謡祭でK-POP歌手が全滅? 紅白発表に注目

日本の年末3大歌謡祭でK-POP歌手が全滅? 紅白発表に注目

2012年11月26日14時12分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
過去、紅白歌合戦に出場した少女時代(上)とKARA(カラ)。
  今年の日本の年末3大歌謡祭で、K-POP歌手らのステージが見られないかもしれない。

  26日午前、現地メディアの日刊スポーツは「NHK紅白歌合戦の出演歌手が今日、発表される」とし「昨年出場した東方神起、少女時代、KARAら韓国アーティストはいずれも出場しないことが決定した」と報道した。この理由と関連し、日本国内の韓流歌手の人気は依然として持続しているものの、独島(ドクト、日本名・竹島)や領土問題など現地の情勢を考慮したためだと説明している。

  しかしまだNHKから公式発表が出ていないため、韓国歌手の出場が劇的に成就する可能性もまだ残っている。

  一方、今年のNHK紅白歌合戦でも韓流歌手の出場が排除された場合、今年の日本年末3大歌謡祭すべてでK-POP歌手が出場できないことになる。今月22日に開かれた読売テレビの「ベストヒット歌謡祭2012」に韓国歌手が出場できず、12月5日に開催されるフジテレビの「2012FNS歌謡祭」もラインアップを発表しているが韓国歌手を除外した日本歌手らの出場が確定している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事