「電撃結婚発表」イ・テソン、隠してきた「年上妻・息子」公開

「電撃結婚発表」イ・テソン、隠してきた「年上妻・息子」公開

2012年11月23日12時00分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のイ・テソン。
  独身だと思ったイ・テソン(27)が1年8カ月間隠してきた結婚生活を一歩遅れて公開し、ファンを驚かせた。

  イ・テソンは23日午前のツイッターを通じて「びっくりしたでしょう?やっとこの時が来たようだ。今になって発表できるようになった。申し訳ない!結婚します!祝福していただき、温かい視線で応援していただけるなら一生懸命頑張ります。必ずいい姿をお見せします。ありがとうございます。」と7才年上の一般人女性との結婚予定を伝えた。

  結婚式は来年3月に挙げる予定だが、イ・テソンはすでに昨年4月婚姻届けを出している。1才を過ぎた息子もいるとわかった。イ・テソン所属事務所会社側は「7才年上の新婦は3年前に知人の紹介で知り合った。2人の間には愛の結晶として生まれた1才を過ぎた息子がいる。今年初め、両家が集まって満1才の誕生パーティを開き、子供の誕生日を祝った」として「昨年4月、息子の誕生に合わせて2人はすでに婚姻届を出した状態、法的にはすでに夫婦」と明らかにした。

  結婚式が遅れた理由は結婚の話が進んでいる間に妊娠がわかり、祖父母の葬式が相次いでいたためだ。イ・テソンは所属事務所を通じて「結婚計画を立てている間に妊娠を知り、彼女の健康を心配して結婚式を先送りした。そうしているうちに自分を特別に大切にしてくれていた祖母が入院し、ひ孫が生まれてすぐ亡くなった。そして今年は母方の祖父が亡くなった。喪中の年に婚姻するのはよくないと結婚式を先送りすることになった」と説明した。

  引き続き「結婚式を挙げることができず、婚姻届だけ出すことになった点に対して妻に非常に申し訳なかったし、それでさらに幸せな家庭を作るために一家庭の夫、また父親として最善を尽くしてきた。そしてようやく結婚式の予定を立てることになり、ファンの方々に最初に良い便りを知らせたかった」として「これで楽に愛する妻と息子と一緒に普通の家族のように幸せに過ごしたい。

  温かい視線と応援を願う。愛する妻、私そっくりのたったひとりの息子と家族という枠の中で幸せに過ごしたい」と打ち明けた。

  新居は京畿道(キョンギド)になる予定だ。具体的な結婚日程や場所、新婚旅行先などは妻とともに計画していると明らかにされた。

  一方、イ・テソンはMBC(文化放送)週末ドラマ『愛情万々歳』で優しい弁護士ビョン・ドンウ役を演じ人気を呼んだ。今年のはじめ放映されたSBS(ソウル放送)水木ドラマ『屋根部屋の皇太子』でヨン・テム役を熱演した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事