韓国アイドルグループ危機論?…「国内市場が飽和状態なら海外に」(1)

韓国アイドルグループ危機論?…「国内市場が飽和状態なら海外に」(1)

2012年11月16日14時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
デビューしたアイドルグループ。左上から100%、HELLOVENUS(ハロービーナス)、AOA(エーオーエー)、TimeZ(タイムズ)、左下からMR.MR(ミスターミスター)、C-Clown(シークラウン)。
  韓国歌謡界の地形図に変化が訪れている。コンサート会場、TVなどを掌握していたアイドルの力が弱くなっている。格好も歌も似ているグループが筍のように次々とデビューし、ファンの関心は依然のように熱くない。その間に個性派シンガーが力をつけてのし上がって来ている。『江南(カンナム)スタイル』で世界を揺るがしたPSY(サイ)がその代表的な事例だ。変化するK-POP市場を解剖してみたい。

  #今月9日、放送されたKBS(韓国放送公社)「ミュージックバンク」。23組の出演者のうち半分以上の12組がアイドルグループだった。

  特にBTOB(ビートゥービー)、Big Star(ビックスター)、CHAOS(カオス)らの男性アイドルグループは5~7人組で似ており、何気なく見ると衣装だけ着替えただけのグループが代わる代わるステージに立っているのかと見まごうほどだった。この日の1位候補はPSYとAilee(エイリー)だった。PSYは海外活動で番組出演はかなわなかったが、この日9週連続1位を獲得した。

  #15日、業界1位の音源サイト「メロン」の週間100チャート。1位はSBS(ソウル放送)のオーディション番組「K-POPスター」から輩出された歌手イ・ハイ(『1、2、3、4」)だった。1~10位のうちでアイドルグループが入ったのはmiss A(ミスエイ、『男なしでも生きていける』)が唯一だった。

  K-POPのけん引役を果たしてきたアイドルグループが危機に直面している。今年1年はいつになく多くの新人アイドルグループがデビューしたが、ほとんどはこれといった成果を出せていない。現在のファン層を構築したアイドルグループも、今年はなかなかよい成果を残すことができなかった。「アイドルの流行は終焉した」という観測さえ出ている始末だ。

  ◆ “雨後の筍”アイドルグループ=今年デビューしたアイドルグループは11月中旬現在、30組をはるかに超える。大型芸能事務所のSM、JYPから中堅・新生芸能事務所までこのブームに乗った。

  SMエンターテインメントは1~5年間のレッスンを積んだ男性練習生12人を2組に分け、韓国で活動するEXO-Kと中国で活動するEXO-Mをデビューさせた。JYPエンターテインメントは男性デュオのJJプロジェクトをお披露目した。また演奏・ダンスバージョンでそれぞれ活動可能なAOA(エーオーエー)や、BEAST(ビースト)の所属事務所で有名なキューブからはBTOB(ビートゥービー)がK-POP界に野心いっぱいに登場した。だが、このなかで注目に値する成果を出した組はまだない。韓国6大音楽サイトのデータを集計するガオンチャート「2012年上半期決算デジタル総合チャート」100位圏に入った新生チームは1組すらなかった。デジタル総合チャートは、オンラインストリーミングやダウンロード、BGM販売量、モバイルサービスを基準として集計されている。

  まだ公式集計は出ていないが、下半期も状況に大きな変化はないだろう。なかでも7月中旬からPSYブームが勢いをつけ、これまで地位を確立していたアイドルすら足元が揺れている。

  PSYは最近、「ミュージックバンク」で9週連続1位で、少女時代とともにこの番組の歴代最長期間連続1位記録を記録した。少女時代は2009年に『Gee』で9週連続首位を守っている。PSYはこれまで1位候補に上がったBEAST、KARA(カラ)、FTISLAND(エフティーアイランド)などの人気アイドルを抜き去った。

韓国アイドルグループ危機論?…「国内市場が飽和状態なら海外に」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事