北朝鮮、経済難で何度も挫折…着工26年目の平壌柳京ホテルが来年オープン(1)

北朝鮮、経済難で何度も挫折…着工26年目の平壌柳京ホテルが来年オープン(1)

2012年11月01日17時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  着工から26年経っても工事が終わっていない平壌柳京(リュギョン)ホテルが来年夏にオープンし、メジャー国際ホテルチェーンのケンピンスキーグループが運営を担当すると、レトー・ヴィットヴァー・ケンピンスキー会長(64、スイス)が31日明らかにした。 ヴィットヴァー会長は中央日報の単独インタビューで、「来年7、8月ごろビル最上部に最大150客室規模のホテルをオープンする」と明らかにした。 崇実大政治外交学科のイ・ジョンチョル教授は「かつて元山・羅先などに在日同胞や中国資本がホテル建設・運営に参加したことはあるが、西側企業が北朝鮮でホテルを運営するのは初めて」と説明した。

  柳京ホテルは1987年当時としては世界最高の105階ビルを建設するとして、北朝鮮がフランスの資本・技術を導入して工事を始めた。 その後4億ドル以上の外貨を投入したが、経済難の建設に支障が生じ、完工予定時期だった92年、60%の進行状態で工事を中断した。 その後、都心に見苦しく放置されていたが、08年にエジプト通信財閥オラスコムが投資を決定し、工事が再開された。 しかし最近まで資金難による工事中断説などが提起されるほど、具体的な進展状況はベールに包まれている。

  ヴィットヴァー会長は「二重ガラスの設置など外装工事は終わり、現在インテリア作業が進行中」とし「完工すればオラスコムが所有権を、ケンピンスキーが運営権を持つ」と伝えた。

  ヴィットヴァー会長は「仁川竜遊・舞衣観光複合団地マスタープランおよび先導事業発表式」に出席するため、前日に訪韓した。 仁川龍遊・舞衣一帯の80平方キロメートルの敷地に総工事費317兆ウォン(約23兆円)を投入し、ホテル・ショッピングモールなど複合観光タウンを建設するこの事業に、ケンピンスキーは大韓航空・大宇建設・C&S資産管理とともに参加している。

  ケンピンスキーは世界最古の歴史(1987年設立)を誇る高級ホテルチェーン。 ドームスキー場で有名なドバイのエミレーツモール、アブダビのインペリアルパレスなど、39カ国で128カ所の5ツ星級以上ホテル・リゾートを運営している。以下はヴィットヴァー会長との一問一答。

  --いつどのように柳京ホテルの運営を決定することになったのか。

  「18年間にわたり駐ジュネーブ大使を務め、現在は金正恩(キム・ジョンウン)の父親代わりをしている李徹(リ・チョル)北朝鮮合営投資委員長と非常に親しい関係だ。 3年前に彼が柳京ホテルを運営する考えはあるかと尋ねてきた。 関心を見せると、ホテルへの投資を決定したオラスコムのサミー・サヴィリス会長とカイロで会うよう斡旋してくれた。 サヴィリス会長になぜ投資を決定したのかと尋ねると、『李大使の魅力に引き込まれたようだ』と話していた(笑)。実際に李徹前大使には断ることができない魅力がある」

  --ケンピンスキーとオラスコムが柳京ホテルに関心を持つようになった理由は。

  「米国企業がこのホテルを運営することはないはずだ。 私は北朝鮮でビジョンを見た。 いつか北朝鮮は開放されるはずだ。 金正恩体制後、開放にかかる時間は速まったようだ。 オラスコムは北朝鮮の移動通信事業を独占するという大きな絵を描いている。 柳京ホテル投資はこのために北朝鮮に与える“小さな”贈り物レベルだ」

北朝鮮、経済難で何度も挫折…着工26年目の平壌柳京ホテルが来年オープン(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事