FIFA、“独島パフォーマンス”追加調査…これほど慎重な理由は?

FIFA、“独島パフォーマンス”追加調査…これほど慎重な理由は?

2012年10月18日15時22分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)。
  ロンドンオリンピック(五輪)で“独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス”をした朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)に対する処分の決定に関し、国際サッカー連盟(FIFA)が慎重な姿勢を見せている。

  大韓サッカー協会は18日、「FIFA懲戒委員会から朴種佑事件に対する追加の調査が必要だという内容の公文を受けた」とし「これまで提出した資料のほか、追加で出すものがあれば、27日までに送ってほしいと伝えてきた」と明らかにした。

  当初、FIFAは5日午後に賞罰委員会を開き、朴種佑に対する懲戒の程度を決定する予定だったが、賞罰委員会の日程を延期した。 FIFA懲戒委員会はFIFA法務局に追加の調査を要請し、法務局は大韓サッカー協会に従来の資料のほかに追加でサッカー協会と選手の立場を伝えるものがあれば提出してほしいと伝えてきた。

  協会の関係者は「前例がほとんどない事件であるだけに、FIFAが慎重に処理しようとしているようだ」と述べた。 協会も円満な解決のために努力を続けている。 17日にイランで行われた男子サッカー代表のW杯最終予選を観戦した趙重衍(チョ・ジュンヨン)協会会長は、すぐにFIFA本部があるスイス・チューリッヒに移動した。 FIFA関係者と朴種佑問題を議論するためだ。

  朴種佑に対する決定がどう出るかはまだ分からない。 キム・デオプ大韓サッカー協会国際局課長は「前例が多くなくため、軽いけん責から出場停止まで、いかなる懲戒が下されるか予想するのは難しい」とし「また懲戒が決定する場合、すぐに適用されることも(控訴期間を置いて)後に効力が発生することもある」と述べた。 あらゆる可能性があるということだ。 キム課長は懲戒が決定する場合について、「警告とけん責、1万5000ドルから7万5000ドルの罰金と3試合以下の出場停止など、低い水準の懲戒については控訴ができない」と説明した。

  FIFA賞罰委で朴種佑によい決定が出たとしても、朴種佑がすぐに銅メダルを受けられるわけではない。 メダル授与に関する最終決定は国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会で決定される。 今年の執行委員会は12月4日または5日に開かれる予定だ。 このため朴種佑に銅メダルが授与されるかどうかという決定はそれ以降に出る予定だ。

  朴種佑は8月、ロンドン五輪男子サッカー3位決定戦で日本に勝った後、「独島はわれわれの領土」と書かれたカードを掲げたため、銅メダルの授与が保留された。 IOCは朴種佑のパフォーマンスが政治的行為を禁止する五輪憲章50条に反するおそれがあるとみてFIFAに真相調査を指示し、メダル授与が保留された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事