米学者2人にノーベル化学賞、韓国人学者3人も研究に参加

米学者2人にノーベル化学賞、韓国人学者3人も研究に参加

2012年10月11日08時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米デューク大学のロバート・レフコウィッツ教授(左)と米スタンフォード大学のブライアン・コビルカ教授。
  今年初めに死亡した米女性歌手のホイットニー・ヒューストンはコカインを過多服用した状態で浴槽で倒れ溺死したと伝えられている。コカインや覚醒剤など麻薬を投与すると脳細胞が服用者の気持ちを良くするドーパミンホルモンを分泌させる。そのため麻薬中毒者は継続してより多くの麻薬を求めることになる。

  スウェーデン王立科学アカデミーは10日、今年のノーベル化学賞受賞者に麻薬の作用原理など人間が五感を感じさせるGたんぱく質共役型受容体を初めて見つけ仕組みを明らかにした米国の化学者2人を選定した。

  米デューク大学のロバート・レフコウィッツ教授とその弟子である米スタンフォード大学のブライアン・コビルカ教授だ。

  2人の科学者がGたんぱく質共役型受容体を発見するまでは麻薬がどのように細胞にドーパミンのような生体ホルモンを分泌させるのかわからなかった。すなわちドーパミンなど小さなホルモン信号が細胞の中にどのように伝えられるかを明らかにすることができなかった。

  レフコウィッツ教授はその信号を受け細胞内部に伝達する役割をするのがGたんぱく質共役型受容体ということを明らかにし、コビルカ教授はこのたんぱく質がどのように作用するかを見つけた。このおかげで麻薬成分が細胞膜につくとGたんぱく質共役型受容体がこれを受け細胞内部に伝達するという事実を説明できるようになった。

  特にコビルカ教授の研究には韓国人学者3人が大きな役割を果たしていたことがわかった。ソウル大学生命科学部のチェ・ヒジョン教授と漢陽(ハンヤン)大学生命ナノ工学科のチェ・ピルソク教授、ソウル大学薬学部のチョン・ガヨン教授らだ。チェ教授はスタンフォード大学博士後課程の時に今回の受賞業績の核心であるGたんぱく質共役型受容体の3次元構造をエックス線で明らかにする役割を担当した。チェ教授は米ウィスコンシン大学博士後課程時期の2009年にGたんぱく質とGたんぱく質共役型受容体が互いにうまくくっつくようにする物質を開発しコビルカ教授に供給した。チョン教授はコビルカ教授の下で博士後課程を受けたんぱく質に作用する抗体が反応する部分を開発した。

  ソウル大学化学科のパク・スンボム教授は、「Gたんぱく質共役型受容体は800個程度で、これらは人間が五感を感じさせる過程の大部分に関与する」と説明した。例えば興奮すれば心臓の拍動が速くなり、暗いトンネルに入れば瞳孔が大きくなり素早く事物を識別できるようになるのはこの受容体がする役割だ。また、体をかゆくするヒスタミンが分泌されるようにするのもこの受容体が作用した結果だ。2人の科学者は五感を感じる“細胞のブラックボックス”を開いたことになる。2人の科学者の業績は抗うつ剤、心臓疾患・高血圧治療剤など、最近販売されている各種新薬の50%に使われている。授賞式はノーベル賞創始者であるアルフレッド・ノーベルの命日である12月10日にスウェーデンのストックホルムで開かれる。

  ◇Gたんぱく質共役型受容体=細胞膜に存在するたんぱく質。脳信号を受けて生成されたドーパミン、ヒスタミン、アドレナリンなど生体アミンの存在を細胞内部に知らせホルモン生成などの作用をさせる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事