中国外相「日本が釣魚島を盗んだ」

中国外相「日本が釣魚島を盗んだ」

2012年09月28日17時37分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国の楊潔チ外相が27日(現地時間)の国連総会で、「日本が釣魚島(日本名・尖閣諸島)を盗んだ」と主張した。

  楊外相は国連総会の一般討論演説で、「1895年に日本が中国をだまし、釣魚島を日本領土に編入する文書に署名することになった」という中国の従来の立場を再確認し、「日本が中国から釣魚島を盗んだ。釣魚島が中国の領土という歴史的な事実は絶対に変えることはできない」と述べた。 日本の釣魚島国有化については、「日本の行為は完全に不法であり、無効だ」と強調した。

  日本側は楊外相の演説後、答弁権を行使し、「日本政府は1895年1月、尖閣諸島を日本領土に正式に編入することを閣議決定した」とし「日本が中国から尖閣諸島を盗んだという主張は論理的に話にならない」と反論した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事