中国人留学生、駐韓日本大使館で釣魚島国有化反対デモ

中国人留学生、駐韓日本大使館で釣魚島国有化反対デモ

2012年09月20日18時10分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の中国人留学生と学者が、日本の尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に反対する記者会見を行った。

  在韓中国学人学者連合会の会員およそ70人は20日、ソウル鍾路区の駐韓日本大使館前で、日本の尖閣諸島国有化を糾弾する記者会見を開き、「釣魚島は中国の領土というのは、十分に歴史的な根拠がある事実」とし「日本政府の釣魚島国有化は、明らかに中国の領土主権を侵害する行為」と非難した。

  また釣魚島国有化に抗議して糾弾する内容の手紙を日本大使館の郵便箱に入れた。警察が現場の状況を徹底的に統制し、物理的な衝突や事故の発生はなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事