「日本車だが、心は…」 中国で「愛国ステッカー」大人気

「日本車だが、心は…」 中国で「愛国ステッカー」大人気

2012年09月20日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「愛国ステッカー」を貼った日産車。左側に「車は日本車、心は中国心」と書かれている〔写真=微博(中国版ツイッター)〕。
  反日デモが中国各地で行われている中、いわゆる「愛国ステッカー」が飛ぶように売れていると、北京晩報などが報じた。デモ隊が路上に駐車された車を破壊する事件が発生しているため、これを防ぐために車の持ち主が愛国ステッカーを車に付けているのだ。

  ステッカーには「釣魚島は中国の領土」「中国よ、愛してる」などの愛国的な内容のスローガンが書かれている。日本車が主にテロの対象になっているだけに、「車は日本車、心は中国心」「殴らないで。日本車だが、中国で作られた」などの言葉も多い。

  ステッカーは自動車部品販売店などで1枚1-10元(約12-120円)で販売されている。瀋陽晩報は瀋陽市の販売店で愛国ステッカーが品切れになり、購買者の60%が日本車の所有者と伝えた。

  中国交通警察は運転手の視野を遮らなければステッカーを付着してもかまわないが、自動車のマークを隠せば違法車両改造に該当し、500元の罰金が科されると明らかにした。日本車であることを隠すことはできないのだ。

  このためか、中国市場での日本車販売も打撃を受けていると、ウォールストリートジャーナルが伝えた。日産は両国の葛藤で売り上げに打撃を受けたことを認め、ホンダのディーラーは最近、中国広報行事を取り消した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事