起亜準中型車「K3」発表…開発費3000億ウォン

起亜準中型車「K3」発表…開発費3000億ウォン

2012年09月18日17時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
17日、江原道平昌アルペンシアリゾート内に設置された「K3」発表場所で、李ヒョン根(イ・ヒョングン)起亜自動車副会長(左)とモデルが「K3」を紹介している(写真=起亜自動車)。
  起亜(キア)自動車がKシリーズラインアップの最後の車となる準中型新車「K3」を公開した。 起亜車は17日、江原道平昌アルペンシアリゾートで、「フォルテ」の後続車「K3」の新車発表会を開いた。 09年からプロジェクト名「YD」として研究開発が始まった「K3」は、42カ月間・3000億ウォン(約220億円)をかけて完成されたモデル。

  「K3」は、起亜自動車(KIA)・大韓民国(KOREA)の英語の頭文字であり、「強さ、支配、統治」を意味するギリシャ語「Kratos」、躍動性を意味する英語「Kinetic」の頭文字「K」に、準中型車級を意味する「3」を付けたブランド名。 今回の「K3」公開で、起亜車はK5(中型)、K7(準大型)、K9(大型)などKシリーズのフルラインアップを構築することになった。

  現代車「アバンテ」と同じガンマ1.6GDIエンジンを搭載した「K3」は、最高出力140馬力(ps)、最大トルク17.0kgm、 燃費14キロ(複合燃費基準、旧燃費基準では16.7キロ)。 価格(自動変速機基準)は1492万(約110万円)-1939万ウォン。 「フォルテ」に比べて31万-52万ウォン高い。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事