中国の東海出口戦略第2弾、北朝鮮の清津港運営権も確保

中国の東海出口戦略第2弾、北朝鮮の清津港運営権も確保

2012年09月11日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国が北朝鮮の羅先港(羅津・先鋒)に続き、清津(チョンジン)港に対する運営権も確保した。先月14日に中国を訪問した北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が、中国と羅先および黄金坪・威化島特区共同管理委員会の構成に合意した後に出てきた最初の措置だ。東海(トンヘ、日本名・日本海)への出口を確保した後、韓国・日本・ロシアとの四角貿易を活性化し、東北地域の経済開発を進めるという中国の戦略が本格的に実行されているのだ。

  吉林省図們市の劉波宣伝部対外担当は10日、中央日報との電話で、「李忠文図們市副書記と延辺海華グループの関係者らが1日、平壌(ピョンヤン)で北朝鮮港湾総会社と‘清津港総合利用プロジェクト’契約書に署名した」と明らかにした。

  契約書によると、双方は清津港海運港湾合作経営会社を共同で設立し、年間物流最大処理能力が700万トンの清津港3、4号埠頭を30年間にわたり共同管理する。これは北朝鮮が昨年末「合営法」を改正して以来、外国の会社と締結した初めての合資会社の設立だ。

  このため、北朝鮮側は埠頭(3180平方メートル)と貨物置き場(4000平方メートル)の30年分の賃貸料に相当する612万ユーロ(約6億円)を経営会社の資本金として出資した。また中国側は荷役設備、輸送道具、港湾建設機材など943万ユーロを投資するが、これは会社資本金の60.46%を占める。中国の出資が半分を超えるが、双方の合意の下で港を開発・運営するという。双方はこれとともに理事会の設立と利潤分配、労働者の管理など細部規則も決め、2015年までに現在数万トンの清津港貨物運送量を100万トン以上に増やすという目標も立てた。

  建設と貿易中心の延辺海華グループはすでに6000万元(約8億円)を先に投資し、清津港に必要な起重機の製作と起重機の軌道設置、3万6000平方メートルの埠頭敷地の整備作業を終えた。8月には香港の招商局グループと中国最大国営不動産会社の上海緑地、総合建設会社の中建がコンソーシアムを構成し、羅先港を開発した後、今後50年間にわたり経営することで北朝鮮側と大筋合意した。

  遼寧省大連所在の創立グループは08年、北朝鮮から羅先港1号埠頭使用権を確保したが、最近、会社の資金事情が悪化し、開発権をコンソーシアムに譲渡する交渉を進めているという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事