<サッカー>FIFA、来月5日に“独島パフォーマンス”賞罰委員会

<サッカー>FIFA、来月5日に“独島パフォーマンス”賞罰委員会

2012年09月08日09時08分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「独島は私たちの領土」と書かれた紙を持ってパフォーマンスをした朴種佑(パク・ジョンウ)(写真=中央フォト)。
  国際サッカー連盟(FIFA)が来月5日、ロンドンオリンピック(五輪)男子サッカー3位決定戦で「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」をした朴種佑(パク・ジョンウ、23、釜山)問題について話し合う賞罰委員会を開く。

  FIFAは7日(日本時間)の報道資料で、「10月5日にチューリヒFIFA本部で朴種佑に対する賞罰委を開催する。賞罰委で審議して結論を出すことにした」と述べた。

  趙重衍(チョ・ジュンヨン)大韓サッカー協会長(66)はFIFAの賞罰委開催に関し、良い結果を期待すると述べた。趙会長はこの日午後、ソウル小公路のプラザホテルで開かれたKリーグ球団代表招請昼食会に出席した後、「FIFAが賞罰委員会の決定内容を国際オリンピック委員会(IOC)に送れば、そこで最終決定する」とし「朴種佑の銅メダルを取り戻すために協会レベルでできることはすべてした。今後は見守るしかない」と述べた。朴種佑に銅メダルが授与される可能性について、趙会長は「十分に可能だと思っている」と楽観した。

  朴種佑は先月行われた五輪男子サッカー3位決定戦で勝った後、競技場内で「独島は私たちの領土」と書かれた紙を持って走った。国際オリンピック委員会はこれを政治的行動と見なし、銅メダル授与を保留して真相を調べている。来月5日に開かれるFIFAの賞罰委がIOCの最終決定に大きな影響を及ぼす見込みだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事