独島防御訓練、7日から実施…日本極右勢力の奇襲上陸を想定

独島防御訓練、7日から実施…日本極右勢力の奇襲上陸を想定

2012年09月07日09時41分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓日間の外交葛藤が深まる中、韓国で独島(ドクト、日本名・竹島)防御のための軍と海洋警察の合同訓練が9月7日から4日間実施される。

  韓国軍は今回の独島防御訓練について、「海洋警察が独島に不法上陸した外国人(日本極右団体会員)を主導的に退治し、海軍は独島沖でこれを支援する状況を仮定した訓練として行われる」と説明した。

  独島防御訓練は1986年に始まり、海軍の韓国型駆逐艦と護衛艦、海洋警察の警備艦、空軍F-15K戦闘機、海上哨戒機が参加してきた。

  今回の独島防御訓練で予定されていた海兵隊の独島上陸作戦は中止になった。日本を不必要に刺激する必要はないという政府の方針に従ったものと分析される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事