「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」(1)

「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」(1)

2012年09月06日16時16分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
パク・ギテ団長が21日、ソウル城北区普門洞VANK事務所でポーズを取っている。パク団長の背後に世界との友情を級長するVANK世界地図が見える。東海(トンへ、日本名・日本海)や独島(ドクト、日本名・竹島)がよく見えるように表示されている。
  3%から30%に。1999年に活動を始めたVANK(=Voluntary Agency Network of Korea)の13年間の歳月を圧縮した数値だ。純粋民間団体のVANKの活動を起爆剤に、世界は「東海(トンヘ、日本名・日本海)」を認知し始めた。当時、世界の主要機関・地図制作会社・出版社の97%は、韓国の東海を「日本海」と表記していた。現在は30%が東海と日本海を併記している。

  VANKの底力は世界各国で活躍する約10万人の会員から生まれる。会員は自発的に主要機関に韓国関連情報の訂正を要請する。99年に結成されて以来、会員数は毎年増加し、最近のように韓日関係が悪化すれば加入者はさらに増える。毎月、会員1000人が登録している。このうち約30%は加入費3万ウォン(約2000円)を出して活動する正会員だ。全国の小中高校に結成されたVANKサークルは440余り。青少年はほとんど正会員として加入し、韓国を知らせる活動をする。

  会員活動に決められた形式や方法はない。最近は独島(ドクト、日本名・竹島)問題が浮上しただけに、多くの関連アイデアが入ってくる。VANK自由掲示板には現在、「歌手PSYの‘江南(カンナム)スタイル’米国版アルバムに独島案内文句を入れることを提案しよう」というアイデアが出ている。自分が英文で書いた韓国紹介文を載せた後、「表現を参照してほしい」と提案する会員のコメントもある。VANKはこうしたアイデアを集め、さまざまなキャンペーンをする。

  VANKはインターネットを媒介に韓国広報を始めた最初の民間団体だ。その先鋒にパク・ギテ団長(38)がいる。14日と21日の2度、ソウル城北区普門洞(ポムンドン)VANK事務室でパク団長に会った。パク団長は印象は、まず‘度が過ぎる’と感じるほど明るい。常勤幹事の紹介、外国人(米国・台湾)インターン自慢で30分が過ぎた。「私は愛国者ではありません。日本の文化が大好きです」「独島を知らせて東海の表記を変えるのがVANKの目標ではありません」。期待を裏切る言葉が続いた。

  パク団長によると、VANKの目標は「世界との交流」だ。パク団長はあえて分類するなら国際主義者だ。「VANK会員は10万人にもなりますが、私たちが国粋主義団体と想像してください…大変な社会の危険要素になるでしょう」。

  VANKは世界の人々とさらに近づこうと、韓国に関する正確な情報を提供する団体というのが、パク団長の説明だ。「海外に出て行く機会がなかった大学生が外国人と対話をしたくて作った団体です。お互いに対する歪曲されていない情報をやり取りするのが重要ですが、それ自体が目標にはなりません」。(中央SUNDAY 第286号)

「東海」を世界に知らせた韓国のサイバー外交使節団「VANK」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事