日本、尖閣3島の国有化迫る

日本、尖閣3島の国有化迫る

2012年09月04日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本政府が尖閣(中国名・釣魚島)3島を買い取ることで地権者と合意したと、NHK放送が3日報じた。

  NHKは「日本政府は尖閣を‘平穏かつ安定的に管理するため’に民間人の地権者と交渉し、20億5000万円で買い取ることで大筋合意した」とし「今月中に尖閣を購入し、国有化する方針」と放送は伝えた。

  藤村修官房長官もこの日の会見で「さまざまなレベルで地権者とやりとりしている。地権者は売りたい意向がある」と認めた。

  日本政府は尖閣諸島の5つの無人島のうち個人が所有する魚釣島、南小島、北小島の3島を購入する方針だ。日本経済新聞は「交渉が順調に進む場合、早ければ11日にも関係閣僚会議を開いて国有化の方針を確認する運び」と報じた。これに伴い、尖閣購入を先に推進してきた石原慎太郎東京都知事の対応が注目される。

  一方、中国外務省はこの日、「釣魚島は中国固有の領土」とし「したがってこの島をめぐるいかなる措置も不法であり、無効という点を明らかにする」と論評した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事