俳優ソン・イルグク、「独島に行ったことは全く後悔していない」所信発言

俳優ソン・イルグク、「独島に行ったことは全く後悔していない」所信発言

2012年08月27日13時53分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のソン・イルグク。
  広報専門家ソ・ギョンドク教授が俳優ソン・イルグクの近況を伝えた。

  ソ教授は27日、フェイスブックに「イルグクさんと電話で話をすることができました」とし、独島(ドクト、日本名・竹島)横断以後、心労が絶えないソン・イルグクについての近況を紹介した。この通話で、ソ教授は「あれこれと最近、心労が多いでしょう」と尋ね、ソン・イルグクは「全くそんなことはない。独島に行ったことは全く後悔していません。行事の準備をするために大変でしたね」と答えたという内容。ソ教授は「むしろ(キム・)ジャンフンさんと私を心配していました。やはり君子! ソン・イルグク^^」と感謝の気持ちを伝えた。独島横断後、さまざまな悪材料が重なったが、自らの所信を守るというソンイルグクの意思が垣間見れる出来事だ。

  ソ教授は15日、光復節(解放記念日)に合わせて歌手のキム・ジャンフンと俳優のソン・イルグク、バンドのPia(ピア)、韓国体育大学校水泳部の学生ら約40人とともに 慶尚北道蔚珍郡(キョンサンプクド・ウルジングン)の竹辺(チュクビョン)港-独島間の直線距離220キロメートルを水泳でリレーしながら横断した。その後、日本の衛星テレビであるBS日テレとBSジャパンはソン・イルグク出演の韓国ドラマ『神と呼ばれた男』の放送を延期した。続いて日本の山口壮外務副大臣はある民放に出演し、独島水泳行事に参加したソン・イルグクについて「申し訳ないが、これから日本に来るのは難しくなるだろう。それが国民的な感情だと思う」とし、報復性発言を行い物議を醸していた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事