八百長問題に連累した韓国の元プロサッカー選手が死亡

八百長問題に連累した韓国の元プロサッカー選手が死亡

2012年08月16日18時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
チャン・ヒョンギュさん(31)
  韓国プロサッカーの浦項(ポハン)スティーラーズで主戦守備手として活躍し、八百長問題でKリーグから追放されたチャン・ヒョンギュさん(31)が16日、心臓まひで死亡した。

  この日、チャン・ヒョンギュさんの姉が弟を起こそうと部屋に入ったところ、息をしていないことを確認したと伝えられた。チャン・ヒョンギュさんは田下(チョンハ)小学校と現代(ヒョンデ)中学校、現代高等学校、蔚山(ウルサン)高等学校を経て大田(テジョン)シチズンに入団した。2008年に浦項スティーラーズに移籍し、翌年は光州尚武(クァンジュサンム)に入団した後、2011年に浦項スティーラーズに復帰した。チャン・ヒョンギュはKリーグで合計179試合に出場し、6ゴール・2アシストの記録を残した。出棺は蔚山大病院の斎場で18日午前8時から行われる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事