独島・慰安婦団体ら、大韓サッカー協会に抗議訪問

独島・慰安婦団体ら、大韓サッカー協会に抗議訪問

2012年08月15日13時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  大韓サッカー協会が公式手続きを通じて遺憾の意を表明したことは、事実上の公式謝罪として解釈される余地があるとの批判の声も大きい。シン・ムンソン明智大教授は「独島問題はサッカー以外にも政治的に敏感な事案だ。公式文の件は誤解の素地を生みうる」と述べた。

  韓国の外交部も困惑している。外交部当局者は14日、「この事案はまだ政府が公式に出ていく事案ではなく、実際謝罪公文書は誤報であることが明らかになった」と述べた。とはいえ、サッカー協会が性急に公文書を送ったことについて気まずさを見せた。

  一部のサッカーファンは大韓サッカー協会のホームページや電話を通じ、日本に送った電子メールの全文公開を要求している。独島守護団体もこの日、サッカー協会を訪問して朴鍾佑(パク・ジョンウ)の銅メダル授与保留について、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)に送る抗議書簡を届け出た。日本軍慰安婦被害者が集まる京畿道光州市(キョンギド・クァンジュシ)の「ナヌムの家」に所属するキム・スンオク(91)さんら約10人は14日、大韓体育会を抗議訪問した。彼女らはIOCに送る抗議書簡文で「IOCが日本帝国主義の象徴である旭日旗のユニフォームを着て競技に出場した日本の体操選手は見逃し、故意性はなく観衆から受け取った紙を手に“独島セレモニー”を行った韓国サッカー選手に対して制裁を論議することは差別的弾圧」と主張した。

  一方、大韓サッカー協会は朴鍾佑選手のセレモニーが意図的な政治的行為ではないとの内容を記した報告書を作成し、早ければ16日前にFIFAに提出する予定だ。IOCはFIFAの決定を待つという立場だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事