<五輪>韓国サッカー、日本破り初の銅メダル

<五輪>韓国サッカー、日本破り初の銅メダル

2012年08月11日06時00分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  悪いジンクスを断ち切った。新しい歴史が刻まれた。洪明甫(ホン・ミョンボ)監督率いる韓国五輪代表が日本を破り、初めてオリンピック(五輪)銅メダルを獲得した。

  韓国代表は11日午前(日本時間)、英カーディフのミレニアムスタジアムで行われたロンドン五輪サッカー3位決定戦で、前半38分に朴主永(パク・ジュヨン、27、アーセナル)、後半12分に具滋哲(ク・ジャチョル、23、アウクスブルク)がゴールを決め、2-0で勝った。韓国は1948年ロンドン五輪に初めて出場して以来、64年目にして初めてサッカーでメダルを獲得した。

  この日、韓国は‘国際大会4位’のジンクスも破った。韓国サッカーは1983年U-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)、2002年韓日W杯で4強に進出した。ともに韓国サッカーの歴史を新たに刻んだ快挙だった。しかし4位に満足しなければならなかった。両大会ともに準決勝で敗れ、3位決定戦でも苦杯を嘗めた。

  しかし洪明甫チームは違った。準決勝で世界最強のブラジルに0-3で完敗したが、すぐに雰囲気を変えた。そして3位決定戦で‘宿敵’日本を破り、国際大会で初めて3位に入った。歴代国際大会で最高の成績をつかんだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事