慰安婦少女像の前にも「竹島」の杭=ソウル

慰安婦少女像の前にも「竹島」の杭=ソウル

2012年06月22日08時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「慰安婦少女像」の隣に「竹島は日本の領土」と書かれた杭が置かれている(写真=JTBC動画キャプチャー)。
  極右団体の会員と推定される日本人が、ソウル日本大使館前の「慰安婦少女像」に「竹島は日本の領土」と書かれた杭を置いた後、その場面を動画で撮影し、個人のブログとユーチューブに載せていたことが21日、確認された。警察は、この日本人が18日、慰安婦博物館の前に同じ杭を置いた張本人である可能性が高いとみて調べている。

  21日、警察などによると、日本人の鈴木信行は19日、ソウル中学洞(チュンハクトン)日本大使館前の「慰安婦少女像」の隣に杭を置く場面を動画で撮影し、自分のブログとユーチューブに載せた。問題の白い杭には「竹島は日本の領土」という内容のハングルと日本語が書かれ、日章旗の模様も入っていた。

  鈴木は動画で「日本大使館の目の前に慰安婦像・売春婦像がある。竹島の碑を贈呈し、私たちの主張を…。できれば日本大使館にも」と述べた。周辺を巡回査察した警察が杭を片づけると、少女像に杭をひもで縛ったりもした。

  これに先立ち18日午後には、先月開館したソウル麻浦区(マポグ)「戦争と女性人権博物館」の入り口から20メートル離れたところで、同じ文字が書かれた杭が発見された。

  博物館の関係者は「当時日本人とみられる40代と20代の男2人が長さ150センチほどの箱を2つ持って訪ねてきた」とし「鈴木の動画を見たが、同じ人物のようだ」と話した。

  この杭は、今年3月に東京の韓国大使館前の花壇で発見された杭と大きさと形が似ていることが確認された。

  警察は防犯カメラに映った2人のうち1人が鈴木に似ている点などから、鈴木が2本の杭を置いた可能性が高いとみている。しかし鈴木はすでに日本に帰国したと知られ、捜査は容易でない状況だ。

  ハン・ヘジン外交通商部副報道官は「民間レベルでも非常に遺憾なことが発生したとみている」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事